記事一覧

貸し借りのデータすべてを登録している消費者金融系情報機関

故青木雄二氏の大ヒットまんが『ナニワ金融道』のなかで、よく街金の男が電話で新規顧客の審査を確認して、どれくらいの借入れをしているかをチェックしていましたが、あの場面で問い合せていたのが全情連の情報です。消費者金融業者にとって、対面与信で審査するのも1つですが、融資の可否を決める決定打になるのはこの情報なのです。ところが、このデータベースの精度が素晴らしく高いことから、逆にさまざまな問題を起こすようになっています。問題といっても、データ内容ではなく、精度の高いそのインフラそのものです。

それを、貸金業者以外の外部の人たちがほしがり出したのです。最近は聞かなくなりましたが、少し前まで、警察官、自衛隊や旧大蔵省の役人、銀行マンといった体面と信用を重視する職業の人たちが、サラ金に手を出していないか(業界用語では「つまむ」という)をチェックするために、それぞれの組織の意を受けた人たちが、あの手この手で「全情連」に潜り込み、その情報の一部を横流ししていたともいわれています(実際に事件にまで発展したことが何度もありました)。全情連に加入して消費者金融の情報を検索するには、貸金業者になって登録すればよいだけでしたから、いろいろなダミー会社をつくって、そこから発注者たちに情報を流していたといわれています。

最近では、情報漏れを恐れた全情連側か審査を厳しくしましたから、そうした不正行為はできなくなりました。それほど、この消費者金融業者の情報は精度が高く、価値のあるものなのです。2000年には、「テラネット」という新しい信用情報センターが設立され、銀行系の無担保ローン会社に全情連の情報の一部を提供するようになりました。その一方で、カード会社関連の情報は、登録が任意でその内容も精度が低いために、貸金業者にとってはたいして価値のないものといえます。しかし、借りる側にとっては、これらの信用情報機関に蓄積されたデータは価値あるものです。

というのも、信用情報機関では、支払実績などのほかに、カードの限度額や氏名、住所、電話番号などの属性情報も蓄積しているからです。さらに、この信用情報機関では、利用者が自分の信用状況をチェックすることもできます(自分の身分証明書を持って、それぞれの機関の窓口に行けば確認できます)。まれに間違った情報が登録されているケースもあるので、「身に覚えがないのに、いつもカードの審査に落ちてしまう」という人は、自分の情報がどのように登録されているのかを確認してみるとよいでしょう。そんなトラブルを抱えていない人でも、「信用の健康診断」がてら一度出向いてみるのもいいのではないでしょうか。

自分の情報がどう扱われているのか、そして正しい情報が登録されているかなど、定期的にチェックをすることをおすすめします。また、CICでは新しいサービスとして、クレジットカードを紛失した場合に、問い合わせれば自分のカード番号などを教えてくれる「連絡代行サービス」を始めています。紛失、盗難だけでなく、引っ越しなどにも便利に活用できます。今後、TICカードが本格的に普及してくれば、個人情報はますます重要な意味を持ってくるでしょう。そして、信用情報機関は個人情報の管理団体として、より広範な役割を果たすことになるでしょう。

キャッシング 即審査